2019年からバルセロナ市内の歩道での自転車走行一部禁止へ

バルセロナ市役所は24日、来年2019年1月からバルセロナ市内において、5メートル未満の歩道での自転車の走行を禁止すると発表したことが分かった。

バルセロナ市役所ジャネット・サンス都市・エコロジー・交通局長は24日、記者会見を開き、来年からバルセロナ市内の5メートル未満の歩道での自転車走行を禁止、また未成年者は成人の同伴が必要であると発表。 これに違反した場合、100から600ユーロの罰金が課せられるとのこと。

現在も、狭い歩道での自転車走行は禁止されているが、これを5メートル未満の歩道という罰則範囲を拡大した形となった。

あわせて読みたい

コメントを残す