マラガの祭りフェリア・デ・マラガ(八月祭)で男性が死亡 殺人事件か

スペイン南部マラガで1487年から続く伝統的なお祭りフェリア・デ・マラガ(もしくは8月祭)で16日早朝、26歳の男性が死亡したことが地元警察の発表により分かった。

発表によると、16日6時30分頃に警察が現場のPeñista Rafael Fuentes通りの出店に到着したときには男性は倒れており、心肺機能が停止するところだったとのこと。 救急隊員が蘇生を試みたものの、男性は間もなく死亡した。

男性は暴行を受けた痕跡があり、国家警察(ポリシアナショナル)は現在殺人事件の可能性も含めて捜査を進めている。

また、遺体はマラガの病院に搬送され司法解剖が行われる。 警察関係者は男性が違法薬物を使っていた可能性があると指摘している。

あわせて読みたい

コメントを残す