スペイン東部でマグニチュード4.2の地震を観測

スペイン国土地理院(IGN)が発表したところによると13日、スペイン東部アリカンテとムルシアの間にあるアルバテラ自治体で、マグニチュード4.2の地震を計測したことが分かった。

地震が観測されたのは現地時間8月13日16時40分頃で、揺れは近くのムルシアやアリカンテでも感じたとのこと。

報道によると、この地震による被害はなかった。

震源地の深さは11キロメートルだったと、IGNのツイッターで発表されている。

あわせて読みたい

コメントを残す