スペイン最高裁判所 交際相手・元交際相手が「髪を引っ張る・腕を引っ張る」でも接近禁止命令もしくは最高1年の実刑と判断

スペイン最高裁判所は10日、交際相手もしくは元交際相手が相手の髪をひっぱる、腕を引っ張るなど、病院による怪我の診断書が存在しなくても、加害者に対し被害者への接近禁止命令もしくは最高1年の実刑判決を下すことができることを発表した。

スペイン最高裁判所は10日、男性が交際相手の女性に対し平手打ちなどの暴力行為を行ったため、男性に対し500メートルの接近禁止命令を下した。 この際、病院での怪我の有無の診断書は問われなかった。

因みにこの判決を下したのは、カタルーニャ州独立問題を扱っているパブロ・ヤレナ最高裁判事。 刑法57条が適用されると発表した。

あわせて読みたい

コメントを残す