「ラ・マナーダ」のメンバーの一人が窃盗の容疑で逮捕

2016年パンプローナで行われた牛追い祭りでマドリード出身の女性に集団で「性的暴行」(ナバーラ裁判所により刑罰の重い性的虐待ではなかったと判断された)を行い、9年の実刑判決が下り、5万ユーロの保釈金でパスポートを返納し保釈されていた「ラ・マナーダ」のメンバーの一人、アンヘル・ボサ(Ángel Boza)がセビリアのネルビオンにあるショッピングモールのエル・コルテ・イングレスでサングラスを盗み、地元警察により逮捕されたことが分かった。  ボサ既決囚は逃走時、警備員を車で轢きそうだったとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す