牛追い祭り”サンフェルミン祭り”集団婦女強姦事件実行犯“ラ・マナダ”メンバー5人が保釈金6,000ユーロで一時保釈へ

ナバーラ州裁判所は21日、2016年の牛追い祭り「サンフェルミン祭り」で集団婦女強姦事件を起こしていた「ラ・マナダ」のメンバー5人を6千ユーロで一時保釈する決定をしたことが分かった。

実行犯5人は今年4月26日に9年の実刑判決を受けていた。

公式の判決文は明日22日に発表される予定。 地元メディアの報道では、保釈された場合月曜日、水曜日、金曜日の週三回、自宅直近の司法当局に出頭、パスポート返納、被害者がすむマドリード州への立ち入り禁止が課せられる。

この決定に対し女性人権団体らはデモ抗議活動を呼び掛けている。

PR


あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください