マラガで計6回の地震を計測

ign
スペイン国土地理院(IGN)が発表したところによると、スペイン南部アンダルシア州のマラガ県で5日夜から6日早朝にかけて合計6回の地震を観測したことが分かった。 いずれもマグニチュード1.5から2.6で震源地の深さは8から12キロメートルとのこと。

報道によると、現地時間5日20時12分アンテケラ市でマグニチュード1.7深さ31キロメートルの地震を観測。 その後断続的に6日6時頃まで断続的に地震が合計6回おきた。

現在のところこの地震による被害は報告されていない。
PR


あわせて読みたい

コメントを残す