マドリード地下鉄 アスベスト問題で4日間のストライキ(6月1日、4日、8日、15日)

マドリード地下鉄労働組合は1日、アスベストの問題に関して公社が十分な医療ケアを労働者に対して行っていないとして全部で4日間のストライキを始めた。

ストライキは6月1日、4日、8日、15日の朝6時から10時15分と13時30分から21時30分までの間平常の69%の間引き運転が行われる予定。

報道によると、現在までにマドリード地下鉄労働者のうち4人がアスベストが原因でガンを発症。 そのうち一人が先週死亡していた。

PR


あわせて読みたい

コメントを残す