情報保護機関がシフエンテス前州首相の万引き映像流出に関して捜査を開始

PR


25日にマドリード州のクリスティーナ・シフエンテス前州首相(当時州議会副議長)が万引きした後警備員にバックの中を調べられている2011年の映像が地元メディア”OK DIARIO”より公開された件で、スペイン情報保護機関(AEPD)は、なぜこの映像が保存・流出したか捜査を開始することを発表したことが分かった。

万引きが行われたマドリードのスーパーマーケットEROSKIの発表によると、該当する映像は、録画されてから少なくとも30日以内に自動的に削除されていたはずと公表していた。

あわせて読みたい

コメントを残す