ローコスト航空会社ブエリング航空操縦士労働組合がスト呼び掛け 4月25日・26日 5月3日・4日

スペインのバルセロナに拠点を置くローコスト航空会社ブエリングの航空機操縦士労働組合(Sepla)が4日間のストライキを発表した。

PR


ストライキは4月25日と26日。 5月3日と4日に行われる予定。

 

労働者組合の発表によると、「ブエリングはその売上げが2015年から3倍に増えているにも拘らず、パイロットたちへの待遇は変わっていない。」とし、他のローコスト航空会社ライアンエアーやイージージェットなどの給与と比べて少なくとも30%少ないと批判。

PR


また、2017年度で100人以上の操縦士が休日出勤などを余儀なくされ、低賃金および劣悪な労働環境により、パイロットの流出が続いているとの事。

 

ブエリングはスペイン国内に約1,000人の操縦士を抱え、更に150人ほどが海外で勤務している。

 

PR


あわせて読みたい

コメントを残す