中国製軌道上実験モジュール天宮1号スペインに落下の可能性も(Pressdigital.es)

地元メディアPressdigital.esが報じたところによると19日、ドイツ航空宇宙センター(ESA)は現在制御不能となっている中国軌道上実験モジュール天宮1号の落下日を3月30日から4月6日の間で、ポルトガル、スペイン、フランス、ギリシャなど、広範囲に落下するのではないかと報道したことが分かった。
PR


制御不能となった天宮1号は北緯43度から南緯43度の間で落下するとみられている。

しかしながら、ESAは現在のところ詳しい予想はすることができないとしている。
PR


中国国家航天局(CNCA)は、天宮1号は大気圏で燃え尽き地上に影響はないとしながらも、The Aerospace Corporationは、8.5トンの質量は地球に落下するには十分な質量であると指摘している。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください