アナ・フリア・ケサーダ容疑者の元交際相手の貯金でドミニカ共和国に家を購入していたと元交際相手の娘がテレビで証言

スペイン地元テレビ局Antena3のインタビュー番組に出演した、アナ・フリア・ケサーダ容疑者の元交際相手の娘「ジェシカ」さんは13日、ジェシカさんの父親が(元交際相手が)病院に入院していた時、貯金をすべておろしてドミニカ共和国の沿岸部に家を購入したと発言したことが分かった。
PR


インタビュー番組でこのように発言したジェシカさんはこの他、現在は他界しているジェシカさんの父親は、当時複数の会社を経営しており、肉屋の仕事をクビになったアナ・フリア・ケサーダ容疑者は生活基盤を父親に依存しており、他界する数日前に籍を入れようとしていたと語った。
PR


また、2012年に家族が所有する宝石類を獲得するためにゆすりを行っていたと証言し、現在もこの件に関して係争中であるとのこと。

更に1996年同容疑者の実の娘が家のバルコニーから転落死した事故に関して、ジェシカさんに同容疑者は「過去に娘がいた。 事故だった。 夢遊病で窓から落ちた。」と語っていたと証言。
PR


このほか、元交際相手の姪である「ラウラ」さんは、アナ・フリア・ケサーダ容疑者に関し「とても悪い人で冷たい人。」「血が流れていないかのようだ。 私の叔父も同じ(ようなひどい仕打ちを受けた)。 (彼女は)感情を持ち合わせていない。」と語っている。

あわせて読みたい

コメントを残す