ガブリエル君 行方不明となった日に絞殺された疑い

ヨーロッパプレスが報じたところによると12日、2月27日から行方不明となっていたガブリエル・クルス君(8)が、11日日曜日に父親の交際相手が運転する乗用車のトランクから遺体が発見された件で、警察によると、行方不明になった日に首を絞められて殺された可能性があることが分かった。
PR


報道によると、11日にガブリエル君の遺体が発見されたことを受け、スペイン南部アルメリア県の警察当局が遺体を検死、27日に首を絞められ殺された可能性があるとのこと。 

グアルディア・シビル警察は11日、ガブリエル君の父親の交際相手アナ・フリア・ケサーダが、Las Hortichuelas a la Puebla de Vicarから乗用車で運転していたところを逮捕拘束。 トランクから毛布にくるまれたガブリエル君の遺体が発見された。
PR


警察当局はアナ・フリア・ケサーダ容疑者が3月3日にクルス君の衣類を浄水施設近くで発見して以来、水面下でケサーダ容疑者を捜査していた。

あわせて読みたい

コメントを残す