2月25日からバルセロナ市でバイクの撤去強化へ

643649-600-338
2月25日からバルセロナ自治体警察は、バイクの違法駐車に対しレッカー車を使い撤去する等の規制を強化する。
PR



歩道などに違法に駐車してあるバイクの氾濫の拡大を防ぐため、2月25日からバルセロナ自治体警察は規制を強化、今まで歩道に斜めに駐車していたバイクは、6メートル以上の幅がある歩道に限られる。
PR



このほか、横断歩道とバス停留所から2メートル以内には駐車はできなくなるほか、歩道の幅が3メートルから6メートルの狭い場所でバイクを止める場合は、車道から50センチ離して横向きに停めなければならない。

これにより多くのバイクが専用のパーキングを利用することを余儀なくされるが、地元メディアが報じるところによると、現在市内を走る28万708台のバイクに対し、バイク用のパーキングは7万387台分しかなく、止める場所をめぐって混乱が生じる可能性がある。

あわせて読みたい

コメントを残す