今日からスペイン全土でドーベルマンなどの断耳・断尾が全面禁止へ

本日2月1日より、動物保護に関する欧州協定がスペイン全土で発効された。
PR


これにより、美的価値観の追及による耳、尾、爪の切断及び声帯の切断が禁止される。

この法律は既にアラゴン、アンダルシア、カタルーニャ、マドリード、バレンシア、ムルシア、ナバーラの自治州で発効されていたが、今回スペイン全土で全面禁止となった。
PR


この協定には動物の安楽死に関する項目も含まれており、苦痛を取り除くための緊急措置が必要である場合以外、獣医、もしくはそれと同等の資格を持つ専門家により、痛みを最小限にとどめながら安楽死を実行しなければならないとしている。

あわせて読みたい

コメントを残す