JxCATホアキン・フォルン前州内務大臣議席を返上

昨年12月21日に行われたカタルーニャ州地方選挙で34議席を獲得し第二党になった独立派会派一緒にカタルーニャのために党(JxCAT)立候補リスト第七位ホアキン・フォルン前州内務大臣被告は23日、州議会の議席を返上することを発表した。
PR


全国管区裁判所より反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で、マドリードで逮捕、拘束されているホアキン・フォルン前州内務大臣は、「個人的な理由及び裁判に集中するため。」として、州議会議員を辞職する意向を発表した。

これにより、議席は同じJxCATの立候補リスト第十八位アントニ・モラル・イ・ベレンゲールに委譲される予定。
PR


現地メディア、エル・ペリオディコにより、昨年8月に起きたカタルーニャ州同時多発テロに関し、米CIAがモススダエスクアドロ自治州警察に対しテロ発生の警告をしていたにも拘らず、両機関のつながりを拒否しており、警告書を秘密裏に処分しようとしていたことが報道された次の日のことだった。

あわせて読みたい

コメントを残す