カタルーニャ州増援部隊クリスマスディナー「ムール貝入りスパゲティ、コロッケ、白身魚のフライ」内務省が「ひどい」調査を指示

menucena
スペイン人にとって一年で最も重要なディナーであるクリスマスに、ムール貝入りスパゲティ、コロッケ4つ、白身魚のフライなどが並び、カタルーニャ州の分離独立を阻止するために10月16日からバルセロナ港に駐留している警官らがツイッターなどで非難したことを受け、スペイン中央政府内務省フアン・イグナシオ・ソイド相は26日、速やかに調査を行うよう指示したことが分かった。
PR


カタルーニャ州の分離独立を阻止するためにバルセロナ港に駐留している警官らは24日、相次いでクリスマスに出された食事をツイッターで公開、窮状を訴えた。 これを受け警察官労働組合は捜査をするよう訴え、ソイド相は26日、この日のメニューを出した責任者に対し捜査を行うよう指示、給与などの労働環境改善を約束した。

バルセロナ港労働者組合は、これまでに警官らが駐留するフェリー船に対しストライキなどを起こしていた。

一方、内務省は26日から30日までにカタルーニャ州に駐留している増援部隊の段階的撤収を指示している。

あわせて読みたい

コメントを残す