治安警察(グアルディア・シビル)の監視のもと、サンタ・マリア・デ・シジェナ修道院の芸術品がアラゴン州へ移送開始

アラゴン州政府文化相のよる、カタルーニャ州ジェイダ県にある博物館に所蔵されているアラゴン州サンタ・マリア・デ・シジェナ修道院の芸術品の同州への移送が、治安警察(グアルディア・シビル)の監視のもと11日早朝3時30分より開始された。
PR



博物館に所蔵されている展示品を移送するため、専門家チームも参加した。

地元メディアのエル・パイスの報道によると、11日早朝同修道院のある自治体ウエスカ所属の治安警察(グアルディア・シビル)の車両約12台がジェイダ県の博物館に到着し所蔵品の移送を開始した。

これに対しカタルーニャ州独立派カタルーニャ共和主義左翼(ERC)は、これを阻止するため「コーヒーを作ろう」キャンペーンを呼び掛けた。 これは、7時30から対象となる博物館前に人々に振舞うようのコーヒーを用意し、警察や移送チームの搬送を邪魔しようとするもの。 しかし、3時30分からオペレーションが開始されたため、あまり意味がなかったとのこと。

サンタ・マリア・デ・シジェナ修道院問題

ウエスカ南部にあるサンタ・マリア・デ・シジェナ修道院は、人口約440人の村ビジャヌエバ・デ・シヘナにある。 1183年に建設が開始され1188年に完成。 14線機前半までに多くの美術品が集められた。

スペイン内戦の際、戦火を免れるためこれら所蔵品97点をカタルーニャ州に移送。 その後フランコ独裁政権が終了し、新憲法が制定される。

しかし1982年、修道院の所有者であるオルデン・デ・マルタ姉妹は、美術品44点を6600万ペセタでカタルーニャ州に売却。 その後1992年と1995年に合計52点、3900万ペセタで売却。 売却に際し、同姉妹はバチカンに連絡したにもかかわらず返答はなくそのまま売却した。 
PR



この事実を知ったアラゴン州政府は、美術品は国の所有物であり政府に連絡をしなければならず、この売買は無効であると指摘。 これを受けスペイン憲法裁判所は2015年、この売買は憲法違反であったとし、カタルーニャ州政府に返還を求めた。 (憲法が改正されたことにより、宗教関係の美術品に関する規定が変わったため。)

これを受け、2015年9月にカタルーニャ州立博物館(MNAC)に返却をするようウエスカ裁判所は命令をするも、これを無視していた。

2016年7月25日、裁判所は州政府に対し返却しなければ1日あたり3千ユーロの罰金の支払いを命令。 MNACにある53点は返却されるも、ジェイダ県の所蔵品44点は編曲されなかった。
PR



現在憲法155条が適用されているカタルーニャ州政府で、中央政府はこの返却を命じ、11日ついに返却することになった。

あわせて読みたい

コメントを残す