子猫を複数回蹴り骨折させ動物虐待の容疑で検察が6か月の禁固刑を求刑

アストゥーリアス州検察局は21日、子猫を数回にわたり蹴る等し重傷を負わせたとしてホテルメンテナンス作業員に対し6か月の禁錮刑を求刑したことが分かった。
PR



ヨーロッパプレスの報道によると、容疑者はアストゥーリアス州カンガス・デ・オニス通りにあるホテルのメンテナンス作業員で、2016年9月3日にホテル内に迷い込んだ白色の猫に対し複数回蹴りを入れるなどし、右大腿骨頚部を骨折させたとのこと。 猫は手術により一命をとりとめた模様。

検察当局によると、男は動物に対し虐待を繰り返し行っていたとのことで、今回6か月の禁錮刑のほか、956.01ユーロの罰金、2年間動物に関する施設やイベントへの参加を禁止するよう求めた。

裁判は11月22日11時30分から行われる予定。

ソース
Fiscalía pide 6 meses de prisión para un empleado de un hotel por maltratar a un gato

あわせて読みたい

コメントを残す