プッチダモン前カタルーニャ州首相と前州政府閣僚らが新フラームス同盟議員と夕食を取っていたことが明らかに

ヨーロッパプレスの報道によると16日、スペイン全国管区裁判所から反乱、扇動、公的資金など横領、不服従など5つの容疑がかけられ、ベルギー司法当局に送還命令(欧州逮捕状)が出されているカタルーニャ州前首相カルラス・プッチダモン被告および複数の前州政府閣僚らが、オランダ語圏地域主義政党である新フラームス同盟ロリン・パリス議員と夕食を取っていたことが分かった。
PR



これは、パリス議員がツイッターで夕食の様子を載せたことにより分かった。 現地メディアLe Soirによると、「これは政治家の会談とし集まったわけではなく、友人として集まった。」と強調した。

この夕食会には前州首相他、ルイス・プッチ元文化相、クララ・ポンサティ前教育相、メリチェル・セレット、トニ・コミン前保健相が出席したことが分かる。

あわせて読みたい

コメントを残す