ベルギー検察当局がスペイン全国管区裁判所判事にスペイン国内の拘留先の情報開示を要求

ヨーロッパプレスの報道によると16日、ベルギー検察当局がスペイン全国管区裁判所カルメン・ラメラ判事に対し、プッチデモン前州首相が拘留される予定の施設の情報や拘留期間などの情報開示を11月10日に書面で質問していたことが分かった。
PR



報道によると、スペイン全国管区裁判所より扇動、反乱、公的資金など横領、不服従など合計5つの容疑がかけられており、欧州逮捕状を通じて身柄引き渡しを要求している、現在ベルギーのブリュッセルに渡航中(逃亡中)のカタルーニャ州前首相カルラス・プッチダモン以下四人に関し、ベルギー検察当局がカルメン・ラメラ判事に対し、スペインに送還した場合、5人の拘留先の情報や拘留期間などを書面で11月10に質問をしていた。

欧州逮捕状が出されている5人は17日14時にブリュッセルの第一審裁判所に出廷する予定で、金曜日中に5人をスペインに送還するかどうかを判断する予定。

この判断に対し不服申し立てがある場合は5人の被告もしくはベルギー検察当局に対し24時間の上訴する時間が与えられる。 この場合、第二審裁判所に審議が移行し15日間の判断期間が設けられる。 もし、この判断にも不服な場合、最高裁判所で審議が行われ、これも15日間を要することになる。

あわせて読みたい

コメントを残す