スペインサッカー連盟 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入決定 来季から

スペインサッカー連盟(REFE)は15日、きわどい判定やオフサイドなどの判定などに対し、的確に主審に対し助言を行うことができるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を来季から正式に導入することを決定した。
PR



スペインサッカー連盟によると、審判技術委員会のビクトリアノ・サンチェス・アルミニオ会長に通達し、各審判員に対しもすでに報告済みであるとのこと。 

これにより、ゴール判定、ペナルティ、レッドカードなどに関しての判定ミスを最小限に抑えることができると期待されている。

このシステムが導入されれば、きわどい判定に関してビデオ判定を仰ぎ、すぐに主審がその決定を訂正することが可能となる。

あわせて読みたい

コメントを残す