10-O ポンサティ前カタルーニャ州教育相が州政府は独立する準備ができていなかったと指摘(RAC1ラジオインタビュー)

現在全国管区裁判所から反乱、扇動、公的資金など横領の容疑をかけられ送還命令を下され、ベルギー司法当局の判断を待っているカタルーニャ州前教育相クララ・ポンサティが、スペインラジオ局RAC1のインタビュー番組に出演、カタルーニャ州政府は共和国として独立する準備ができていなかったと指摘したことが、ヨーロッパプレスの報道により分かった。
PR



インタビューで前教育相は10月1日に行われた独立を問う違法な住民投票後、10月27日の時点でカタルーニャ州政府は独立の準備は整っていなかったと指摘、「我々は最も適切な方法で、市民の力強い行動への答えを与えることは出来なかった。」と発言した。

また、物理的な安全も脅かされていたと発言、多くの”汚い”抗争があったとのこと。

12月21日に行われる州選挙への出馬に関しては、選挙のための合同会派として出馬するつもりではあるが、特定の党からは出馬しないと発言した。
PR



ポンサティ前教育相は、9月13日、前任者であるルイス・バウレナスが10月1日の違法な住民投票に関し、公共施設の解放を拒否していたため州政府がポンサティ前教育相を任命していた

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017年11月16日

    […] これは、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)セルギ・サブリア報道官や、現在ブリュッセルに逃亡中のクララ・ポンサティ前州教育相などが、州政府は独立への準備ができていないと公言したことに対するもの。 […]

コメントを残す