カタルーニャ州ゼネスト 15箇所の高速道路などを封鎖

カタルーニャ州交通局の情報によると、カタルーニャ州ゼネストにより15の高速道路が封鎖されていることが分かった。

抗議活動により封鎖されているのは
AP-7 Santa Perpèdua de Mogoda(バルセロナ)とVilafant(ジローナ)
A-2 数か所
B-20 数か所
C-16 Sallent(バルセロナ)
C-25 数か所
C-31 数か所
C-32 数か所
C-37 Castellfollit del Boix(バルセロナ)とManresa(バルセロナ)
C-59 Moià(バルセロナ)
N-145 La Seu d’Urgell(ジェイダ)
N-230 Vilaller(ジェイダ)
N-340 Milins de Rei(バルセロナ)とAmposta(タラゴナ)
N-II Vilassar de Mar(バルセロナ)
N-IIa Figueres(ジローナ)

特にA-2のSant Joan Despí(バルセロナ)では15キロの渋滞、B-23のSant Just Desvern(バルセロナ)で11キロの渋滞。

メトロポリタン・バルセロナ交通局(TMB)の発表によると、市営バスは複数個所の道路封鎖があるが、ほぼ通常通りで、地下鉄は通常の85%の間引き運転が行われているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す