C155 スペイン中央政府内務相今日新モススダエスクアドロ自治州警察長官”フェラン・ロペス”を正式に任命

スペイン中央政府フアン・イグナシオ・ソイド内務大臣は30日、新しく任命されたカタルーニャ州自治州警察フェラン・ロペス長官を正式に任命する。



中央政府は10月27日に上院議会で可決した憲法155条の適用に基づき、カタルーニャ州政府内閣全員を解任、自治州警察総監、長官も解任した。

これにより、自治州警察ナンバー2のフェラン・ロペスが長官となり、独立派住民から絶大な支持を受けていたトラペロの後を継ぐ。

ロペス長官は、トラペロ前長官の直属部下であることもあり、同州警察組合Copcatはこの人選を評価、「継続」して治安維持の任務にあたることができると発表した。



ロペス長官は各自治州警察署に対し、前州知事以下州政府内閣全員の肖像画などを取り外すよう命令したほか、プッチ・ダモン前州知事以外のエスコートを解除。

ラ・バングアルディア紙の報道によると、前州政府内閣らはオフィスに戻る事は今のところ許されているが、それは私物などを取りに来ることのみで、仕事をすることがあれば刑事罰の対象となるとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す