漢方ヨーロッパセンターがカタルーニャ州ホスピタレット・デル・ヨブレガットで批准

ホスピタレット・デル・ヨブレガット市執行委員会は、今年5月に州政府と中国政府の間で結ばれたヨーロッパ初の漢方ヨーロッパセンターの開設契約に関して18日に批准したことが分かった。




これにより、8千万ユーロ(約106億円)が投資され、施設の建設や設備に充てられるとのこと。

契約内容によると、施設はバルビッチェ病院の近くと旧ゴドー工場に建設される予定で、ヘルスケア、関係教育機関、訓練施設、科学研究施設、文化施設、法施設などが建設される。
20170512-636302173330712294_20170512202507-249-kjrG-U422578022382Z8F-992x558@LaVanguardia-Web.jpg
現在、バルセロナ大学、ポンペウ・ファブラ大学と北京中国漢方大学の提携により2016年-2017年の漢方高等教育(大学院)の授業が行われている。

今回のプロジェクトは、2014年1月に州政府と北京間で結ばれた協力体制のプロセスの結果よるもの。



あわせて読みたい

コメントを残す