10-O スペイン検察局、プッチ・ダモン州知事が独立宣言を行った場合「反乱罪」で告訴する構え

スペイン公務省(Ministerio Público)によると、スペイン検事総長はカタルーニャ州カルラス・プッチダモン州知事が「一方的な独立宣言」を行った場合、「反乱罪」で告訴する準備が整っていることが分かった。




反乱罪が適用されれば、刑法472条により最高30年の禁固刑が言い渡されるほか、独立宣言を行った様々な罪が加算されるとのこと。

反乱罪が適用されれば、フランコ政権後の現憲法では2回目。 最初の反乱罪は1981年2月23日に下院議会に突入した治安警備隊員Antonio Tejero。

あわせて読みたい

コメントを残す