10-O カタラ法相がプッチ・ダモン州知事の返答を批判「質問に答えていない。」「期限は木曜日までと覚えておくように。」

ラファエル・カタラ法相は16日、マリアノ・ラホイ首相がプッチ・ダモン州知事に対し「10月10日に行った声明は独立宣言だったのか」との問いに対し、16日に返答した「2か月の間に対話を」との発表に対し「明確に答えていない」と批判したことが分かった。
PR



マドリードで行われた25周年イベロアメリカ司法大臣カンファレンスに出席したカタラ法相は、「マリアノ・ラホイ首相の質問は明確であった(独立宣言をしたか否か)。 しかしその返答は明確ではなかった。」と批判。 「(州知事から)受け取った手紙は、首相の送った手紙とは同一線上にはない。 従って、「返事」をしていない。」と言明。

法相は、19日までに返事をしなければならないと指摘した。

あわせて読みたい

コメントを残す