マドゥーロ大統領「スペインは10月12日のスペインの日をやめるべき」

ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領は12日、スペインに対しスペインの日「ヒスパニックデー」をやめるよう求めたことが分かった。
PR



ベネズエラの国営通信社の発表によると、マドゥーロ大統領はスペイン国王フェリペ6世に対し南アメリカでの侵略と民族浄化に対し謝罪をするべきだと発言した。

「アメリカは我々の国の死を祝うことに関して「いい加減にしろ」と言っている。」「太鼓と我々先祖の死を祝う式典はいつまで続けるつもりだ。 死を祝う式典はもうたくさんだ」と、先住民抵抗の日の式典で発言した。

「スペイン国王は(虐殺した)先住民の国に対し謝罪し補償金を支払うべきだ。 いったい何の祝日なのだ。 死、侵略、民族浄化の祝日だ。」と声明を発表した。

あわせて読みたい

コメントを残す