1-O 大手ゼネコンアベルティスがバルセロナから撤退 マドリードに移転

スペイン大手ゼネコンアベルティスが9日特別緊急首脳会議を開催、カタルーニャ州からマドリードに本社を移転することが決定した。



フランシスコ・レイネス会長率いる大手ゼネコンのアベルティスは、マドリードのPaseo de la Castellanaに本社を移転。

これは、カイシャ・バンク系列で工業部門の金融機関専門であり、同社の22.3%のキャピタルを所有しているCriteria CaixaHoldingが同じくカタルーニャ州からパルマ・デ・マヨルカに本社を移転したことも影響しているとのこと。



この数日でCaixaBank,Banco Sabadell, Gas Natural, Agbar, Freixenet,Abertisなどの大手企業がカタルーニャ州から脱出した。 (労働者は機能などは基本的に変更がなく、登記簿上の変更のみ)

あわせて読みたい

コメントを残す