トランプ米大統領カタルーニャ州の独立を問う住民投票を「馬鹿馬鹿しい」と発言

マリアノ・ラホイ首相と米国のドナルド・トランプ大統領が会談後記者会見を開き、大統領はスペインを「偉大なる国家」と評価、カタルーニャ州の独立を問う住民投票を「馬鹿馬鹿しい」と発言したことが分かった。



記者会見でトランプ大統領は「スペインは偉大なる国家、(すべての自治州が)一緒にいなければならないだろう。」「歴史ある美しい国にとどまらないことは『馬鹿馬鹿しい』」と発言した。

また記者会見でトランプ大統領は「カタルーニャ州住民は投票しないだろう。私個人の意見としてただ言えることは、数世紀にわたってそうであったように、(すべての自治州が)一緒にいることを望む」「疑うことなく、カタルーニャ州住民はスペインを愛しており、スペインから離脱しない。」などと語った。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。