ロシアで37人を食べた容疑でカップルを逮捕

スペインのエル・ムンドが報じたところによると、南ロシアの都市クラスノダールで37人を食べたとしてロシア警察当局がカップルを逮捕したことがNTVが報じたところにより分かった。



逮捕されたカップルは同都市で1999年から人肉を食べていたとみられ、それに伴い複数の殺人にも関与していた可能性があるとのこと。

現地メディアによると、女性のものと見られる死体の一部がバケツから見つかったことに関連して、35歳男性をロシア武装部隊が逮捕。 捜査の結果、携帯電話から死体の一部が撮影された画像が発見された。 その後、交際していた女性も人肉を食べていた容疑で逮捕された。

公表された情報によると、このカップルは人肉を食べていたほか、保存食として加工していた可能性もあるとのこと。

ソース
Arrestan a una pareja rusa que pudo haber comido 30 personas

あわせて読みたい

コメントを残す