ライアンエアー今日から10月28日までの間で690便をキャンセル スペイン国内は126便に影響

ヨーロッパプレスによると、ライアンエアーは9月19日から10月28日までの間に合計で690便をキャンセル、バルセロナで89便、マドリードで53便が影響を受けることになった。

 

これは、欧州内空港ターミナルのストライキのほか、同社パイロットらのバケーションの調整が内部でうまくいかなかったため。

 

これにより、スペイン国内で126便が影響を受けることになり、バルセロナ・エル・プラット国際空港で89便、マドリード・バラハス国際空港で63便が影響を受けるほか、サンティアゴ、ビーゴ、セビリア、パルマ、アリカンテ、マラガ、ランサロテ・イ・カステジョンも各1便がキャンセルとなった。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。