マドリード州 消防員や警察官などPCR検査で新型コロナウイルスの感染が確認されていたとしてもCt値が30以上であれば通常業務に就けると決定

地元メディアの報道(エル・パイス)によると、マドリード市の消防隊員、市警察、救急車従事者(Samur)等の従事者が、PCR検査により新型コロナウイルスに感染していることが分かっても、そのCt値が30以上であれば、隔離等の措置を取らず、通常業務に就くことができると発表したことが分かった。

現在マドリード市では、約5,500人の市警察署員のうち、新型コロナウイルスに感染により休職している人数が403人、消防団員では約1,200人中141人、救急車(Samur)従事者は約950人のうち22人となっている。

今回の決定は、スペイン中央政府保健省が発表した2021年12月22日に発表した「Covid-19に対する戦略的早期発見、監視およびコントロール」の中で

Si la PCR es positiva se considerará valorar el umbral de ciclos (Ct) en el que la muestra es positiva.

Según la evidencia científica disponible, se asume que un umbral de ciclos alto (Ct) >30-35 equivaldría a una carga viral sin capacidad infectiva. 

(PCR検査で陽性の場合、Ct値が対象となるだろう。 現在獲得しうる科学的証拠に基づけば、Ct値が30から35と高い場合、感染力がない量のウイルス量と同等と想定される。)(6ページから7ページにかけて)

と表記されおり、これをマドリード市が採用したため。

ただ、この表記の後に、「サンプルを採取する場所や、検査機械等でウイルス量が変化する可能性があるため、所定の機関で検証し、ウイルス量の査定をしなければなりません。」と書かれている。

Ct値とは、PCR反応で検出する際に陽性と判断したときの増幅サイクル数で、ウイルス(RNA)量が多いほどCt値が小さくなる。

Ct値高 ウイルス量少 感染力低

Ct値低 ウイルス量多 感染力高

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください