スペイン 7月の失業者3,773,034人(失業保険申請ベース) 6月から89,849人減少 減少幅で7月としては1997年以来最高

スペイン公共雇用機構SEPE(旧INEM)は2020年7月における失業保険申請ベースによる失業者数が3,773,034人だったと発表した。 6月から89,849人減少(-2.33%)。 昨年同月比では761,601人増加(25.29%)

報道によると、1997年以来7月の失業者減少幅が最大となった。 ヨランダ・ディアス雇用経済社会大臣はツイッターで「新型コロナウイルスによる影響で大きなインパクトが労働市場を直撃したが、4月に比べて正社員契約数が倍に跳ね上がった。 流動的活動の強い回復である」と発言した。

業種別にみると、唯一農業で前月から11,108人増加したが、工業、建築、サービス等はそれぞれ減少した。 

業種別に見た失業者数は以下の通り。

農業
 200,595人
工業
 310,035人
建築
 298,241人
サービス
 2,650,385人

AV_SISPE_2007

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください