(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 5回目の非常警戒体制延長を決定 6月7日まで

スペイン下院議会は20日、5回目の非常警戒体制延長を決定した。

これにより非常警戒体制は6月7日まで延長される。

今回の下院議会では賛成票が177票、反対票が162票だった。

賛成票には与党のPSOEのほか、市民党、PNB等。 反対票は極右政党VOX、右派国民党、カタルーニャ独立会派CUP,JxCAT等。

一回目の非常警戒体制延長を審議する下院議会は3月23日に行われ、反対票は0票。 2回目は4月9日に行われ、VOXとCUP等が反対票を入れ54票だった。 更に3回目は4月22日に行われ64票が反対。 4回目は反対票が75票となっていた。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください