(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス カタルーニャ州バダロナ市長酒気帯び運転の容疑で逮捕 辞職届提出

地元メディアの報道によると22日、カタルーニャ州バルセロナ県バダロナ市アレックス・パストール市長が昨晩モススダエスクアドロ自治州警察により酒気帯び運転の容疑で逮捕され、市長は辞職届を提出したことが分かった。

報道によると、昨晩アレックス・パストール市長がバルセロナ市内で酒気帯び運転の容疑で逮捕、現在レス・コルツ自治州警察署で拘束されているとのこと。

また、カタルーニャ州社会党(PSC)は昨晩逮捕直後すぐに辞職届を提出するよう指示、パストール市長は除籍処分となった。

これによりエン・コム・ポデム(ポデモス党)のアイダ・ヤウラド第一助役が暫定市長となる。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください