(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス  モンテロ平等大臣引き続き陽性反応 すでに一か月間の隔離措置

地元メディアの報道によると16日、3月11日に新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、隔離措置を行っているイレーネ・モンテロ平等大臣(ポデモス党次席)が引き続き陽性反応が出たため、隔離措置を継続していることが分かった。

報道によると、地元テレビTELECINCOにテレビ会議を利用し出演したモンテロ平等大臣は、再度陽性反応が出たため、隔離措置の継続を発表。 3月11日に陽性反応が出たため、一か月以上コロナウイルスに感染していることが分かった。

モンテロ大臣は、コロナウイルスの症状が軽度で、運が良いと発言、保健当局の許可が降りるまで自宅からテレビ会議などを通じて、仕事を行っているとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください