(非常警戒体制発令中)スペイン コロナウイルス 中央政府・自治州政府共同声明に署名 カタルーニャ州政府以外

スペインで感染拡大する武漢新型コロナウイルスに対処するため昨夜発令された非常警戒体制に関し、ペドロ・サンチェス首相は各自治州政府と一致団結しコロナウイルス撲滅のため協力し合うための共同声明を発表したが、カタルーニャ州政府は署名しなかった。

ペドロ・サンチェス首相は15日、11時から全ての自治州政府自治都市政府らの知事らとビデオ会議を行い、コロナウイルス撲滅のための非常警戒体制の概要を説明し、各自治州らの協力を仰いだ。

共同声明に署名しなかったカタルーニャ州政府キム・トーラ州知事は、この共同声明に署名しなかった理由として、「いまだに経済対策が採択されておらず」、「即時カタルーニャ州閉鎖」を求め、中央政府の対策が「不十分」であり、「これは対策ではなく中央集権化だ」と指摘。 トーラ州知事は「責任をもって、州市民の健康と資産を保証するため、必要な措置を行使し続けていく。」と語り、独自路線を取っていく意向を示した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください