スペイン コロナウィルス レアル・マドリードが検疫 ラ・リーガは2週間試合をキャンセル

レアル・マドリード公式HPが発表したところによると、レアル・マドリードC.Fのバスケットボールトップチームに所属する選手が新型コロナ武漢ウイルス(COVID-19)に感染したことが発覚し、サッカーチームおよびレアル・マドリードの全職員の検疫を実施することを決定、明日明後日のバスケットボール、ユーロリーグ及びサッカーのリーガを中止することが分かった。

これを受け、ラ・リーガは、ラ・リーガ・サンタンデールおよびラ・リーガ・スマートバンクの試合を向こう二週間中止することを決定。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください