スペイン コロナウィルス 感染者230人以上に うち10人は回復

スペイン保健省保健緊急警報調整局フェルナンド・シモン局長は5日、世界で感染拡大が危惧されている新型肺炎コロナウイルスのスペインでの感染者数が230人を超えたと発表したことが、地元通信社の報道により分かった。

この内10人はコロナウイルスより回復し、他10人は現在重体で、集中治療室で治療中とのこと。

地域別にみると

マドリード 90人

バレンシア州 19人

バスク州 17人

カタルーニャ州 24人

アンダルシア州 12人

カスティリャ・ラ・マンチャ13人

カスティーリャ・イ・レオン 11人

カンタブリア州 10人

カナリアス 8人

ラ・リオハ州 11人

エストレマドゥーラ州 6人

バレアレス 6人

アストゥーリアス州 5人

ナバーラ州 3人

アラゴン州 1人

ガリシア州 1人

シモン局長によると、現在まで90%以上が外国からもたらされたもので、スペイン国内でコロナウイルスに感染している割合は10万人で0.4人となるとのこと。 (因みに2019年東京都の交通事故死者数は10万人に0.96人でベスト1。 徳島県がワースト1位で10万人当たり5.57人。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください