スペイン コロナウイルス 感染者数150人 うち病院関係者13人

世界的に感染拡大が危惧されている新型コロナウイルスに関して、スペイン保健省当局は3日、現在までに150人が感染していると発表したことが分かった。 このうち7人が重体で、集中治療室で治療を受けており、13人は病院関係者、3人は退院、14人に感染経路を特定できないとのこと。

地域別にみると

マドリード 49人

カタルーニャ州 15人

バレンシア州 15人

アンダルシア州 13人

バスク 13人

カンタブリア州 10人

カスティーリャ・イ・レオン 8人

カスティリャ・ラ・マンチャ 7人

カナリアス 7人

エストレマドゥーラ 6人

ラ・リオハ 3人

バレアレス 2人

アストゥーリアス州 1人

ナバーラ州 1人

感染者を出していないのは

アラゴン州

ガリシア州

ムルシア州

セウタ・メリリャ自治都市

マドリードにおいて、宗教団体がコロナウイルスの集団感染を招いたと指摘した保健省保健緊急警報調整局フェルナンド・シモン局長は、「開示するにあたり適切な行動を行わなかった。 彼らに対し申し訳ないと思う。」と語り、必要以上に情報を開示したことに抗議した宗教団体に陳謝した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください