カタルーニャ州独立問題 抗議デモ6日目 4人が怪我

2017年10月1日にカタルーニャ州の独立を問う「違法な」住民投票強行および一方的な独立宣言(のようなもの:(なぜなら宣言をしていないから))に関与したとして、スペイン最高裁判所より元独立推進民間組織会長らを含む元州政府官僚らへの実刑判決に抗議したデモが続く中、6日目の19日ウルキナオナ広場で多くの市民が集まった。

抗議集会は0時30分頃から始まり、モススダエスクアドロ自治州警察と対峙した。

その後再び一部のデモ隊と警官隊が衝突。 気泡弾などが発砲され、この衝突で4人が怪我をした。

6日目の19日では、カタルーニャ州各地で合計14人が怪我。 そのうち11人がバルセロナだった。

また、モススダエスクアドロ自治州警察に4人のけが人が出た。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください