カタルーニャ州独立問題 独立派元官僚への実刑判決に抗議二日目 バルセロナで約4万人が参加 一部暴徒化し機動隊と衝突

2017年10月1日にカタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票および一方的な独立宣言(のようなもの:なぜなら宣言をしていないから)に関与したとして、スペイン最高裁判所より元独立推進民間組織会長らを含む元州政府官僚らへの実刑判決に抗議したデモ抗議が二日目の15日、カタルーニャ州各地域で発生。 主要幹線道路、スペイン高速鉄道、ハブ駅を占拠、バルセロナだけで約4万人が参加した。

特に在カタルーニャ中央政府代表府前で行われたデモ抗議では、独立推進民間組織過激派グループCDRが21時過ぎから機動隊と衝突、ゴミコンテナー等をもやした。

デモ抗議では、昨日エル・プラット国際空港でも数千人の独立派市民が占拠し、ブエリングを中心に100余りの便がキャンセル。 デモ隊は機動隊と衝突し、当局が発砲したゴム弾のようなものでデモ隊の一人が失明。 

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください