ベネズエラ国会議長が暫定大統領に就任宣言

ベネズエラのグアイド国会議長は23日、暫定大統領に就任を宣言した。

これに対し、米国、カナダ、コロンビア、アルゼンチン、チリ、ブラジル、グアテマラ、パラグアイ、エクアドル、ペルー、コスタリカなどがグアイド国会議長を暫定大統領と承認。 EUでも、加盟国各国に対しこれを承認するよう呼び掛けている。

一方、ベネズエラ軍(FANB)のブラディミル・パドリーノ防衛相は、グアイド国会議長を大統領として承認せず、ニコラス・マドゥロが大統領であるとの立場を表明した。

バルセロナ市で行われたマドゥロ大統領への抗議デモ行進



あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください