メキシコ国営石油企業PEMEX内部の人間により石油が盗まれていたことが明らかに

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(AMLO)新大統領は27日、国営石油企業であるPEMEX内部の人間により石油が盗まれており、3人の容疑者を逮捕したことを明らかにした。

これは、12月22日から始まった大規模捜査で、連邦政府や軍関係施設15か所に家宅捜索を実施、PEMEXの組織内部に燃料を盗む窃盗グループが存在していることが分かったというもの。

AMLOによると、「一日あたりタンクローリー600台分のガソリンが盗まれている。」とのこと。  PEMEXで窃盗を監視する国防省に対しても捜査のメスが入った。

一部報道によると、PEMEXの生産量のうち約80%の石油が盗まれたとされているが、未確認。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください