21D スペイン中央政府閣僚会議にむけ大臣らがPalau de Llotjaに到着

スペイン中央政府閣僚会議がバルセロナで行われることを受け、独立推進民間組織がデモを行っているなか、会議が行われるPalau de Llotjaに到着したことが伝えられた。

今日は中央政府が自治権に介入することができる憲法155条適用が撤回された日。 (州選挙が行われたため) カルラス・プッチダモン前州首相被告人はツイッターでその事実を発言。「スペイン政府は選挙の結果を尊重していない」とのこと。

また、カタルーニャ州独立推進民間組織「共和国を守る会」は、ペドロ・サンチェス首相をPalau de Llotjaから出さないようにしようとツイッターで呼び掛けた。

あわせて読みたい

コメントを残す