メキシコ最大規模の海上油田施設出航

PEMEXが建造したメキシコ最大規模の海上油田施設PB-AKBATUN-A2がメキシコ湾に向け、Altamiraを出港したことが分かった。

この海上油田施設は4億5400万ドルをかけて建造され、メキシコ湾Sonda de Campecheで運営される予定。

世界の原油産業に関して、現在サウジアラビアの原油が枯渇、敵対するイランの原油を購入すると経済制裁を取ると米国は発表。(日本には容認) 欧州、アジア、日本から仲買人などが原油の買い付けのために、メキシコに押し寄せている。

あわせて読みたい

コメントを残す