メキシコでメキシコシティ新空港建設の是非を問う国民投票始まる

lxpez_obrador_consulta_ntx_crop1540483363169.jpg_1970638775
(投票するアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール次期大統領)

費用が掛かり過ぎていると批判が集まっているメキシコシティ新空港建設の継続を問う国民投票がメキシコで開始された。

この意見公募は、メキシコ国内538か所、1073の受付所を設置し「現空港とサンタルチア空軍基地の拡張」もしくは「新空港建設継続」のどちらかを選ぶ形となっている。

これを受け次期大統領アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールは、12月からの政権樹立を前に、今回の新空港建設に関する国民の意識を確認したい考え。 ただ、国民の関心は低く、また建設費用の増加で反対派が多数いる一方、企業家らなどは建設継続を支持している。

国民投票は25日から始まり28日に結果が分かる見込み。

あわせて読みたい

コメントを残す