中国がインターポール総裁の拘束を認める

国家刑事警察機構(ICPO 本部フランス・リヨン)総裁で中国出身の孟宏偉(Meng Hongwei)氏(64)が行方不明となっている件で、中国共産党が「違法行為」があった可能性があるとして逮捕したと発表したことがスペイン報道により分かった。

中国共産党の公式発表によると、「元保安省孟宏偉前副大臣は法律違反の疑いがあり、現在は国家監督委員会の監視下にある」と発表された。

孟宏偉氏は、2016年11月よりICPO総裁に選ばれ、9月29日にフランスを出たところから行方が分からなくなっていた。

あわせて読みたい

コメントを残す